記事一覧

オーデマ ピゲの高級腕時計


オーデマ ピゲ:1875年、ジュール=ルイ・オーデマとエドワール=オーギュスト・ピゲが創業。もともとジュール=ルイ・オーデマが時計の工房を開き、その後に、時計技術に優れたエドワール=オーギュスト・ピゲと意気投合し、自身の工房に迎えた。1972年、高級スポーチウォッチの先駆的なウォッチ「ロイヤル オーク」を発表。

薄い手巻きムーブメントの開発など技術力はもちろんのこと、スポーティなデザイン、アンティークなデザイン、モダンデザインまでデザインの幅が広く、オーデマ ピゲのセンスは高く評価されている。時計のコレクターにも愛される人気ブランドだ。

〈オーデマ ピゲ〉腕時計「ロイヤル オーク オフショア ダイバー」“キャリバー4308”搭載
オーデマ ピゲ(AUDEMARS PIGUET)の腕時計「ロイヤル オーク オフショア ダイバー」新作ウォッチは、秒表示と、他の都市の時刻に切り替えられるインスタントジャンプ デイトを備えた新たな自動巻きムーブメント「キャリバー4308」を搭載したダイバーズウォッチ。ゴールドのアワーマーカーとロイヤルオーク針には蓄光処理を施し、暗い水中でも視認性をアップ。ストラップは付け替え用ラバーストラップが付属されており、簡単に交換することができる仕様となっている。