記事一覧

フェンディ×一生ものバッグ3選!

上品でウィットに富んだ“個性”も主張する一生もの

バッグは大人の女の名刺代わり。だからこそ選び抜かれたアイコニックなバッグを手にしたいと思う…。そんな洗練された女性たちが愛してやまないのが『フェンディ(イタリアの高級ファッションブランド)』。
2大アイコンバッグ「ピーカブー」と「バゲット」は、今年は素材やサイズのバリエーションが増えました。

フェンディ ピーカブー

「クラシックでありながら、使い勝手もよく、今の気分を映すバッグが欲しい」。そんな女性たちの欲張りな願いに応えたのがピーカブー。

そんな端正な「ピーカブー」には、上品で知的なセレブのファンが多く、英国のメーガン妃は公務で使用。上品なオリヴィア・パレルモはお出かけに愛用しています。

フェンディ バケット

1997年にデビューした「バケット」は、文字どおりパンのバゲットのように小脇に抱えられて、その持ち方がなんとも小粋。小ぶりな縦長フォルムのクラッチにトップハンドルが付いたようなデザインは便利で秀逸。誕生そのものがアイコニックでした。

また『フェンディ』の職人技を象徴するような装飾的なつくりも多く、ドレスアップの仕上げやカジュアルを格上げする小物として、今も大人じの女性の大切なワードローブの一部になっています。
ブランド パロディ
フェンディ FFトート

1970年代のアーカイブからインスパイアされて誕生した、エレガントかつ機能的なトートバッグ。品格ある圧倒的に美しいデザイン性と、内ポケットひとつにまでこだわった機能性、それらを見事に融合させた比類なき技術力、そのすべてを兼ね備えた名品に仕上がっています。

デザインを必要最小限に抑えつつ、しなやかなカーフレザーとシグネチャーである「FFロゴ」のメタルパーツによって、これが特別なバッグだということを雄弁に語ってくれる。

関連記事:http://coachjp.top/
http://bestomega.blog.jp/

ミナ ペルホネン×ポーター“タンバリン”や“鳥

ミナ ペルホネン(minä perhonen)とポーター(PORTER)のコラボレーションバッグを展示するイベント「ミナ ペルホネンとポーターの」が、2021年9月1日(水)から9月7日(火)まで伊勢丹新宿店で開催される。

ミナ ペルホネン×ポーターのコラボ再び

2021年3月に伊勢丹新宿店で開催された「Dear Friend, Department - minä perhonen in ISETAN SHINJUKU - 」は、ミナ ペルホネンが会場内に“小さなデパート”を作り上げ、「大切な人を想う気持ち」をコンセプトにしたアイテムを展開した期間限定イベント。今回、伊勢丹新宿店に再登場するのは、同イベントの中で特に人気を博したポーターとのコラボレーションバッグだ。

“タンバリン”のバッグ&長財布

ミナ ペルホネンを代表するテキスタイル“タンバリン(tambourine)”は、前回登場した4型に新型6型が仲間入り。2WAYで使えるストラップ付きのバッグやロングウォレットが、ピンクベージュ、ブルー、ブラックの3色で展開される。

“鳥や動物”を刺繍したバックパック

また、2019-20年秋冬コレクションで発表された繊細な刺繍が特徴のテキスタイル“シンフォニー(symphony)”も、コラボレーションアイテムに初登場。ミニサイズのショルダーバッグや外ポケット付きのバックパックなどに、動物や鳥、植物を丁寧に刺繍した。カラーは優しい印象のベージュとシックなブラックの2色が揃う。

関連記事:http://bassy.top/

人気のバッグ_ロエベスーパーコピー


ロエベはスペインの高級皮革ブランド。落ち着きのあるエレガントなバッグで、とくに40代以上の女性から多く支持を得ています。
人気のバッグ♪
ロエベバッグ

 【1位】アマソナ 

クラシカルなアマソナは、ロレベのロングセラーモデル。
サイズは旅行向けの大きいものから小ぶりなものまで、人気だけあってサイズも豊富です♪
 mcm リュック 偽物
ロエベバッグ2

 【2位】フラメンコ 

最上質のカーフレザーを二重構造で贅沢に使用したまろやかなフォルムと、大き目のノット(結び目)。モダンな雰囲気のなかに、随所まで卓越したクラフトマンシップが光る。
合わせるアイテムを選ばず着こなしに奥行きが出て、全身の完成度が上がります。

ロエベバッグ3

 【3位】パズルバッグ 

2015年に登場してから今やロエベのアイコンの1つに。パズルのような遊び心のあるデザインは、実は折り紙のようにたたんで持ち運ぶこともできる実用性も兼備。クラッチ、ショルダーなど5WAYで使え、デイリーから旅行など色んなシーンで愛用されています。

関連記事:http://keijiart.jp/diary.cgi

"アクティブなパリジェンヌ"に寄り添う新作バッグ

ロンシャン(LONGCHAMP)の人気コレクション「ブリオッシュ(Brioche)」と「ロゾ(Roseau)」から新作バッグが登場。ロンシャン ラ メゾン表参道、ロンシャン ラ メゾン銀座と一部ストアを皮切りに、2021年8月17日(火)より順次全国で発売する。

ロンシャンの2021年秋冬コレクションのテーマは「トレ パリ(très paris)」。"アクティブなパリジェンヌ"に寄り添う多彩なルックを、アイコンバッグに落とし込んだ。

"コロン"と愛らしい「ブリオッシュ」

ふわふわのペストリーをイメージした「ブリオッシュ」には、新作が多数仲間入り。目を引くのは、今季の着想源となったフランス人インテリアデザイナー ピエール・ポーラン(Pierre Paulin)の作品イメージを取り入れたクロスボディバッグだ。

ひとつは、ピエール・ポーランのエレガントなインテリアに見受けられる曲線とセンシュアルな手触りを、ふわっとしたシアリングで表現したバッグ。アイボリーのカラーが柔らかな雰囲気を引き立てている。

同じく、ポーランが描いた独特の波模様をパッド入りのキルティングで表現したアイコニックなバッグも用意。鮮やかなオレンジや、落ち着きのあるセージグリーンの2色で展開される。

パイソンの型押しレザーがロックな輝きを放つクロスボディバッグも展開。ブラック、バーガンディの2色を用意する。また、デニム調のステッチが印象的なバッグのほか、定番ラインにも"コロン"としたフォルムが愛らしい新モデルや淡い色彩のシーズナルカラー、パウダーとタートルダブの2色が加わる。